Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://teatro537.blog49.fc2.com/tb.php/658-8679cb09

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お芝居初めて講座② ~チケット予約から観劇まで~

こんにちは!!
早稲田大学の演劇さーくる『てあとろ50’』の三年代、海老原圭介ことエビです!!


今回はですね。
『演劇サークルって普段なにやってんの?ロミジュリ?(笑)』
というステレオタイプ的なイメージをお持ちの方に、是非!ぜひ!その考えを改めていただきたく…。
演劇ってのはライオンキングとか宝塚だけじゃないんだぞと!
みんながみんなロミジュリやって、「私はもう死ぬ…」とか言ってるクセにずーっと歌うたってるヤツばっかりじゃないんだぞと!早く病院連れて行けよと!

小劇場の演劇を観たことがない方は、僕たちがいまいちどんなことをやっているのかご存知ないと思うのです。
なので、そういう方に僕たちが没頭している演劇とは何ぞや?というのを知っていただこうと思います。


さて。
今回もここに一通のお便りが。
前回も投稿してくれました、東京都にお住いのHN「てあとろ40周年」さんからのご質問です。


『友達の出るお芝居に行くことにしたんですけど、予約したのはいいものの、肝心のチケットが手元にないです。

せっかく予約したのに、チケット届かないんですか?

前に家族で劇団四季を観たときは、ちゃんとチケットぴあからチケット手に入れましたよ?

これは、来れませんよっていうこと?

わからないー!!

はっきりしてーーー!!』


ふーむ、なるほど。
では、ご説明させていただきます。

※なお、この手続きは主に早稲田大学の演劇サークルが大学にて行う公演を前提としています。

【チケット予約から観劇まで】
①チケットを予約する
まずは、チケットを予約しましょう。チケットの予約方法にはいくつかありますが、基本的には3種類です。
1.その公演の関係者(役者やスタッフなど)に、いつ、何人で行くかを伝える。
2.チラシに記載された連絡先に、いつ、何人で行くかを伝える。
3.WEBのチケット予約ページに、名前、メールアドレス、いつ、何人で行くかを入力し『申し込む』をクリック!

チケット予約完了の返信がきたら予約完了です!!公演日まで指折り数えて待ちましょう!


②公演日まで
初めて早稲田にいらっしゃる方は会場までの道のりと所要時間、開場と開演時間、同伴者との集合時間、集合場所など整理しておくと当日スムーズに来場可能です。
劇場は東京メトロ東西線『早稲田』駅より徒歩7分の場所にあります。チラシにも地図が記載されてますのでご参考にしてくださいね!!
後日、ブログ上でも写真付きの道案内記事を書く予定なので、そちらも合わせてご活用ください!

さあ、そんなこんなで公演日が迫ってきましたよ…。


③公演日当日 ~受付まで~
いよいよ公演日がやってきました!事前に調べておいた時間、道のりをもとに余裕をもって会場まで向かいましょう!
開演時間に遅れてしまうと、演出の都合によりご案内いただけない場合があります。
やはり開演の15分前には劇場にお越しいただくのがベストでしょうか。
開場に到着したら受付で、予約した名前を伝えてください。
その時に初めて、チケットをお渡しいたします。いわゆる『半券』ですね。
チケットは公演ごとに、趣向を凝らしたものが多いので、集めてみるのも楽しいかも!

さあ、いよいよ開場です。
スタッフの誘導に従って場内へ入りましょう!
手荷物が多い場合は、受付で手荷物お預かりサービスを行っていることがありますので、お気軽にスタッフにお尋ねください。

席について、開演を待ちましょう。


④観劇
始まりました!!圧倒的なスペクタクル!手に汗にぎる興奮!ライブ感!ほろりと感動!その実態は劇場にて!!


⑤観劇後
さあ、終演いたしました!
興奮冷めやらぬ中、是非お手元の当日パンフレットに挟まれているアンケートにご記入よろしくお願いします!
人前で芸を行う特性上、やはりお客さんの反応というのはどうしても気になってしまうものです。
どのようなことでも構いません!率直な感想を書いていただければと思います!

劇場の入り口にてスタッフが待機していますので、アンケートをお渡しください。
また、手荷物を預けている方はスタッフに声をかけて、預けた荷物を受け取ってください。

そしてそして!
観劇後のイベント『役者面会』が待っています!
知り合いの役者やスタッフに声をかけて、ぜひぜひお話に花を咲かせてください!
役者面会で劇場前は大変混雑が予想されますので、通行妨害にならないように道をあけてお話を楽しんでくださいね!

⑥終わった後
さあ。
楽しい時間もあっという間で、そろそろ退館の時間がやってきました。
また次の公演を楽しみにしながら帰りましょう。

あとでツイッターやフェイスブックなどで感想を書いていただけるとありがたいです!



以上です。
いかがでしたか?『てあとろ40周年』さん。
てあとろ本公演『picq』をよろしくお願いします!

次回もお楽しみに!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://teatro537.blog49.fc2.com/tb.php/658-8679cb09

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

劇団てあとろ50’

Author:劇団てあとろ50’
早稲田大学の演劇サークルです。
twitterURL→ http://twitter.com/teatro_50

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。