Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://teatro537.blog49.fc2.com/tb.php/901-c09c327d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きっかけ

こんばんは!
劇団てあとろ50' 3年代の下川拓人です。役者ブログ、バトン受け取りました!

(肌焼けてる)×(痩せ)=(ごぼう)
→きんぴらごぼう
→きんぴー

ということで、「きんぴー」と呼ばれています。
みなさんも積極的にきんぴーとよぶことで、「テメェ痩せてんなぁ」とどんどん煽っていきましょう。
反動で太ります。


中高はバドミントン部と合唱部を兼部して、高校からバンドを始めてキーボードを担当していました。
大学に入って、それらを全部やめて、演劇を始めました。
理由は沢山ありますが、そのうち一つをあげると、「自分を試したかったから」です。

舞台を含め娯楽というのは、究極的には存在しなくても人間は生きていけます。なのに、これだけ人間の生活にそれらは根付いている。
その中で舞台は特に、「感動」を生み出すことができる。2時間という、人の人生にとってはとてつもなく短い時間を通して、人の心を動かして、人生を左右させることだってある。
生活の必需品でもない「舞台」というものが、どうしてこんなに大きな力を持っているんだろう。
私もその道に身を置きたい。
「感動した人」から、「感動させられる人」になりたい。

高三あたりに思った「表現の道に進みたい」という気持ちに対して、どう動いていくかということを考えたとき、まず頭に浮かんだのが「音楽」でした。
小さい頃からなんだかんだで音楽を続けてきて、「音楽を通して人に何かを伝えたい」と思えるようになって。
そこに至れた自分は、恵まれているなと思いました。
それが悔しかった。
「音楽」という機会は、私にとって親や友人が授けてくれるもので、私はそれに乗っかっているに過ぎなかったから。

だから、私は本当に表現の道に進みたいと思っているのか、それを試すために、全く経験のない「演劇」という道に進んでみよう。
経験値で逃げることが利かないことを通して、本当にやりたいと思っているのか確かめたい。

これが、演劇を始めた理由の一つです。


そんな理由なんてものは人それぞれだし、なんならなくてもよくて。。。
だけどもし、このブログを見てくださっている新入生の方がいらっしゃるのなら。
「今のその気持ち、やってみたいなと思ったきっかけは、絶対に忘れないでほしい」
そういうものほど、意に反して簡単に忘れてしまうから。
そう伝えたいです。



本公演、そろそろ最初から最後までを通す稽古が始まりそうかな、という段階に入っています!
昨日の稽古では、それぞれの役の像がはっきりしてきたということで、「脚本や主宰からの情報にない部分の役の特徴」を洗い出していきました。
お客さんには「役者が演じている役」ではなくて、「生きている人」に見えてほしい。
そのために、キャラのバックボーンやキャラ同士の関係性を掘り下げて、共有して、どうやってそれをアクトに反映させていくか、みたいな。
そういう役作りは、てあとろの原点なんじゃないかと、私は思います!よ!!

長くなりましたが。。。
何を確かめるかはさておき、一人でも多くの人に、実際に公演に足を運んで、「自分の目で」確かめてもらいたい。
切に、そう願っています。
ご予約はこちら↓
https://ticket.corich.jp/apply/82330/101/


ぜひ、ご来場ください!!!



**********


劇団てあとろ50' 2017年度本公演
『あれは、昨日の曇り空』


脚本・演出 高村颯志


【キャスト】
阿部啓吾
五十嵐恵美
金森悠介
木下まこ
黒澤優介
坂本みなみ
下川拓人
末永彩百合
高橋知
高濱一輝
高村颯志
中山青佳
森平周
山口美緒里
山﨑聖香
浜田誠太郎(劇団24区)


【スタッフ】
脚本演出:高村颯志
舞台監督:金森悠介
舞監補佐:森平周 高濱一輝
舞台美術:金原明大(劇団森)
美術補佐:坂本みなみ
     中山真理奈(劇団くるめるシアター)
  音響:篠原加奈子
  照明:みなみあかり(ACoRD)
照明補佐:木下まこ
  制作:下川拓人
制作補佐:油川双葉 篠田航平(劇団風水車)
     山下始
宣伝美術:禅之助 中山青佳
演出助手:山田奈々緒
  振付:TAKA
声の出演:島貫凌
  協力:種田康太


【タイムテーブル】
5/12(金) 19:00~
5/13(土) 14:00~/19:00~
5/14(日) 13:00~/17:00~

*受付開始は開演の40分前、開場は30分前を予定しております。
*開演の5分前までにお越しいただけない場合、ご予約をキャンセルさせて頂く場合がございます。お早めのご来場をお勧め致します。


【会場】
早稲田大学学生会館地下2階B202

東京メトロ東西線早稲田駅
2出口・3b出口より徒歩10分


【料金】
無料(フリーカンパ制)

※フリーカンパ制とは
観劇後、お客様からお気持ちの金額を任意で頂くというものです。


【ご予約】
https://ticket.corich.jp/apply/82330/101/
から直接ご予約いただけます。

もしくは下川拓人(kinpy_sora@live.jp)まで、
 1. 人数
 2. 希望の観劇日時
 3. メールアドレス
を連絡してくだされば、こちらで登録を致します!


【お問い合わせ】
<公演Twitter>
@kumori_no_50

<劇団HP>
http://teatro50.sakura.ne.jp

<劇団twitter>
@teatro_50

<メール>
gekidanteatro50@gmail.com


090-9392-1375(制作)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://teatro537.blog49.fc2.com/tb.php/901-c09c327d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

劇団てあとろ50’

Author:劇団てあとろ50’
早稲田大学の演劇サークルです。
twitterURL→ http://twitter.com/teatro_50

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。