FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://teatro537.blog49.fc2.com/tb.php/945-fd9c34d3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

曖昧

こんばんは。
劇団てあとろ50' 3年代の山崎聖香(せいか)と申します。
今回の本公演では役者と演出助手を兼任させていただいております。

役者以外の役職を兼任するのは初めてで、2つの視点から公演に関わってみて新しく発見したことがたくさんありました。
なので今日は、演出助手として思ったことをお話します。


演出助手として本公演の稽古に携わってきた約1ヶ月、毎日のように思ったのは「自分の感覚を相手に伝えるのはとても難しい」ということです。
感覚的な次元にあるものをどう伝えたらよいか、どんな言葉に変換したらよいのか、そのもどかしさに付き纏われる日々でした。

自分が役者の時は、自分の役に対しての感覚は感覚的な次元のまま、自分が理解できていればそれで良かったけれど

他の人が演じる役に対して感じたことを伝えるためには、どうしても言葉など何か形のあるものに変換する必要があるからです。

でもその言葉選びがとてもむずかしい
少しでも間違えたら違う伝わり方をしてしまう…

いっそ感覚を直接相手の心にコピぺできたらいいのにな〜!もう!

でも感覚は自分だけにしか分からないもので、それをそのまま他人と共有することはできない。

だから言葉なり何なりを使って、試行錯誤しながら向き合っていくしかないんだと思います。


違う人間同士が向き合って、なんとかお互いの感覚を伝え合って、そうやって1つの作品にしたものを通じて、観に来てくださるお客さんの心に何か伝えられるものがあれば
という気持ちで残りの日々を過ごします。

わ〜明後日初ステだ〜〜!
おやすみなさい〜〜

-----

劇団てあとろ50' 2018年度本公演
『少年は、胸が高鳴って死ぬ』

□主宰□
髙濵一輝

■作・演出■
森平周

■出演■
阿部啓吾、きのしたまこ、黒澤優介、末永彩百合、山﨑聖香、遠藤清秀、加治木仁美、實重紀子、飛山弘介、野花紅葉、山田泰生、吉井幸(以上、劇団てあとろ 50’)

■日程■
2018年5月11日(金)19:00~
12日(土)14:00~ / 19:00~
13日(日)13:00~ / 17:00~

■会場■
早稲田大学学生会館地下2階B203

■料金■
無料(フリーカンパ制)

■ご予約■
http://ticket.corich.jp/apply/90803/008/

■お問い合わせ■
gekidanteatro50@gmail.com
08096623738(制作直通)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://teatro537.blog49.fc2.com/tb.php/945-fd9c34d3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

劇団てあとろ50’

Author:劇団てあとろ50’
早稲田大学の演劇サークルです。
twitterURL→ http://twitter.com/teatro_50

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。